令和3年 1月度「自習用吟譜と範吟」

令和3年 1月度「自習用吟譜と範吟」を掲載しました。

当ホームページを吟力向上にご活用戴ければ幸いです。

「自習参考カリキュラム」をご参考に各会員ご自身のご自宅での自習にご活用ください。

自習参考カリキュラム

1、千代田HP「動画一覧」の横山精真宗家の先導による「岳精会会詩」を視聴する。

2、動画を見ながら、合吟に参加する。

 2-2、コンダクターをお持ちの方は、動画の伴奏を聴きながら、合奏する

3、発声練習(あえいおうん)
(2本と7本のコンダクター伴奏録音をご利用下さい。)

4、滑舌練習(あえいうえおあおーーー)
(滑舌用テキストをご利用下さい。)

5、今月の「自習用範吟」のPDFを開き詩文素読3回

6、課題吟の「作者と詩文」の解説を読む。

7、課題吟の「範吟」を2度聞く

8、課題吟の「吟譜」を見ながら範吟に合わせて合吟3回

9、今年の昇伝審査課題吟の中から一題を選び

   5、6、7、8の順に自習。

10、厳選25題の中から1題を吟譜を見ながら聞く。

今月の「自習用範吟」

訣別 (天77) 解説PDF

範吟:鈴木精成

黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る(天88) 解説PDF

範吟:鈴木精成

新年祝いの詩 (天110) 解説PDF

範吟:磯田精信
範吟:磯田精信
合吟(男子)

七歩の詩(続天122) 解説PDF

範吟 :鈴木精成

以上