詩吟教本(続天)

教本番号 題名 作者 吟譜・伴奏 範吟 吟詠
続天 2 秋尽く 館 柳湾
続天 3 阿山禺嶺 頼 山陽
続天 4 吾妻橋畔を過ぎて感有り 藤田東湖
続天 5 阿蘇山 安達漢城
続天 6 哀悼の詞 本宮三香
続天 7 行宮 元 稹
続天 8 暁に順城門を出で何太虚を懐う有り 掲 傒斯 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 9 石鎚山 海量法師
続天 10 潮来 大槻磐渓
続天 11 磯浜望洋楼に登る 三島中洲
続天 12 一声の仁 西郷南洲
続天 13 飯森山に白虎隊を弔う 白鳥省吾
続天 14 石狩川 佐々木岳甫
続天 15 渭水を見て秦川を思う 岑 参
続天 16 殷亮に贈る 戴 叔倫
続天 17 雨中の海棠 尾池桐陽
続天 18 海を望む 藤井竹外
続天 19 宇文六を送る 常 建
続天 20 絵の島 菅 茶山
続天 21 応制天の橋立 釈希世 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 22 桶狭間を過ぐ 太田錦城 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 23 桜花 草場船山
続天 24 奥羽道中 榎本武揚
続天 25 王昌齢が龍標の尉に左遷せらるるを聞き遥かに此の寄有り 李 白
続天 26 王昭君 白 居易
続天 27 王昭君 李白 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 28 客中 一休宗純 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 29 元旦に筆を試す 山鹿素行
続天 30 鹿児島客中の作 亀井南冥
続天 31 客舎の壁に題す 雲井達雄
続天 32 華道 松口月城
続天 33 刈干切唄 松口月城
続天 34 岳精流吟魂碑除幕式を祝す 武田静山
続天 35 客中の作 李白 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 36 関山の月 儲 光羲
続天 37 重ねて裴郎中の吉州に貶せらるるを送る 劉 長卿
続天 38 雁を聞く 韋 応物 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 39 下邽荘南の桃花 白 居易
続天 40 角を聴いて帰るを思う 顧 況
続天 41 漢江 杜牧 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 42 花下に酔う 李 商隠
続天 43 夏意 蘇 舜欽 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 44 画眉鳥 欧陽 修
続天 45 夏夜涼を追う 楊 万里 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 46 家書を得たり 高 啓
続天 47 亀山営中の作 大久保甲東
続天 48 金州城を過ぎ乃木将軍を憶う 本宮三香
続天 49 暁鶯 柳川滄洲
続天 50 銀魂碑 武田静山
続天 51 帰雁 銭 起
続天 52 玉関にて長安の李主簿に寄す 岑 参
続天 53 帰雁 杜 甫
続天 54 綺岫宮 王 建
続天 55 偶作 良 寛
続天 56 大窪詩仏
続天 57 隈川雑詠(その一) 広瀬淡窓
続天 58 隈川雑詠(その二) 広瀬淡窓
続天 59 偶成 横井小楠
続天 60 偶作 横井小楠
続天 61 偶成 大鳥圭介
続天 62 熊本城 原 雨城 吟譜(PDF)
磯田精信
続天 63 九月九日山東の兄弟を懐う 王維 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 64 軍城早秋 嚴 武
続天 65 月夜禁垣外を歩す 柴野栗山
続天 66 月下独酌 菅 茶山
続天 67 桂林荘雑詠諸生に示す(その三) 広瀬淡窓 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 68 桂林荘雑詠諸生に示す(その四) 広瀬淡窓
続天 69 結婚式 安達漢城
続天 70 結婚式 檜垣賀陽
続天 71 結婚式 松口月城
続天 72 建徳江に宿る 孟浩然 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 73 閨怨 王 昌齢
続天 74 京兆の韋参軍が東陽に量移せらるるを見る 李 白
続天 75 京に入る使いに逢う 岑 参
続天 76 京師にて家書を得たり 袁 凱
続天 77 江上の舟 嵯峨天皇
続天 78 甲戌の冬舟中に月を見て感有り 中江藤樹
続天 79 古稀偶感 宮崎東明
続天 80 古寺訪梅 渡辺郷岳 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 81 古城 瓜生田山桜
続天 82 江畔独歩花を尋ぬ 杜甫 吟譜(PDF)
横山精真
続天 83 江南にて李亀年に逢う 杜甫 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 84 呉城覧古 陳 羽
続天 85 胡渭州 張 祜
続天 86 江楼にて感を書す 趙 嘏 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 87 湖上に飲す 蘇軾 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 88 江村晩眺 戴 復古
続天 89 江南の故人に寄す 家 鉉翁
続天 90 山居 寂室元光
続天 91 山居 藤原惺窩
続天 92 山居 赤田臥牛
続天 93 西教寺を問う 広瀬淡窓
続天 94 山房の夜雨 木下犀潭
続天 95 鮫島生の東行を送る 横井小楠
続天 96 山路楓を観る 夏目漱石
続天 97 山寺 本宮三香
続天 98 雑詩 王維 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 99 山居雑詩 元 好問
続天 100 塞上にて笛を吹くを聞く 高 適
続天 101 山房春事 岑 参
続天 102 塞下の曲 常 建
続天 103 三日李九の荘を尋ぬ 常 建
続天 104 三閭廟 戴 叔倫
続天 105 酒を勧む 于 武陵
続天 106 山中の春暁鳥声を聞く 高 啓
続天 107 辞世 上杉謙信
続天 108 秋夕琵琶湖に泛ぶ 梁田蛻巌
続天 109 子規 良 寛
続天110 秋江 太田 錦城 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天111 春寒 大窪詩仏 吟譜(PDF)
鈴木精成
磯田精信
続天 112 春雨に筆庵に到る 広瀬旭荘 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 113 社友小集 福沢諭吉
続天114 書懐 篠原国幹 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天115 焦心録後に題す 高杉晋作 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 116 時事偶感 杉浦重剛
続天 117 春日家に還る 正岡子規
続天 118 自画に題す 夏目漱石
続天 119 秋山に僧を訪ぬ 本宮三香
続天 120 新年 松口月城
続天 121 詩道 松口月城
続天122 七歩の詩 曹植 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 123 四時 陶 潜
続天 124 湘江を渡る 杜 審言
続天 125 従軍行(その一) 王 昌齢
続天 126 従軍行(その二) 王 昌齢
続天 127 史郎中欽と黄鶴楼上に笛を吹くを聞く 李 白
続天 128 酒泉太守の席上酔後の作 岑 参
続天 129 春思 賈 至
続天 130 相を罷めて作る 李 適之
続天 131 湘南即事 戴 叔倫 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 132 秋夜丘二十二員外に寄す 韋 応物
続天 133 滁州西澗 韋 応物
続天 134 秋日 耿 湋
続天 135 秋思 張 籍
続天136 春風 白居易 吟譜(PDF)
横山精真
続天 137 春興 武 元衡
続天138 春日偶作 武元衡 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 139 城東の早春 楊 巨源
続天 140 自詠 呂 洞賓
続天141 初夏即事 王安石 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 142 初冬の作劉景文に贈る 蘇 軾
続天143 小園 陸游 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 144 書を観て感有り 朱 熹
続天 145 襄邑道中 陳 与義
続天 146 春雁 王 恭
続天 147 暑を山園に避く 王 世貞
続天 148 従軍行 乾隆 帝
続天 149 常徳を去る舟中感じて賦す 秋 瑾
続天 150 水前寺成趣園 落合素堂
続天 151 睡覚偶吟 白 居易
続天 152 千日紅を詠ず 梁田蛻巌
続天 153 先妣十七回忌 菅 茶山
続天 154 雪中の雑詩 市河寛齋
続天 155 絶命の詞 黒沢忠三郎 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 156 西南の役陣中の作 佐々友房
続天157 西宮愁怨 王昌齡 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 158 清平調詞(その一) 李 白
続天 159 清平調詞(その二) 李 白
続天 160 清平調詞(その三) 李 白
続天161 絶句(両箇の黄鸝) 杜甫 吟譜(PDF)
菊地龍駿
素読・範吟
鈴木精成
続天 162 西亭の春望 賈 至
続天 163 青門の柳 白 居易
続天 164 禅院に題す 杜 牧
続天 165 昔遊を念う 杜 牧
続天166 雪梅 方岳 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
鈴木精成
続天 167 草庵雪夜の作 良 寛
続天 168 村夜 白 居易
続天169 送別 韋荘 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 170 武田信玄 増田岳陽
続天 171 丹頂之舞 佐々木岳甫
続天 172 探梅 楊 万里
続天 173 晁卿衡を哭す 李 白
続天 174 竹枝詞 白 居易
続天 175 中秋月を望む 王 建
続天 176 早に深川を発す 平野金華
続天 177 筑波山の絶頂に登る 安積艮斎
続天 178 月に対して感有り 王 守仁
続天 179 田園雑興 范 成大
続天 180 同盗に問う 日柳燕石
続天 181 同前に和し奉る 崔 恵童
続天 182 洞庭湖に遊ぶ 李 白
続天 183 董大に別る 高 適
続天 184 東欄の梨花 蘇 軾
続天 185 冬初の出遊 陸 游
続天 186 東城 趙 孟頫
続天187 夏の川 江村北海 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天188 夏の夜 江馬細香 吟譜(PDF)
磯田精信
続天 189 名古屋城 松口月城
続天 190 楠公の銅像を仰ぐ 佐々木孝吾
続天 191 南楼の望 盧 僎
続天 192 何湖にて夜歌者を聞く 朱 彜尊
続天 193 日本刀 大鳥圭介
続天 194 八月十五夜月前に旧を語る 菅原道真
続天 195 春の花を尋ぬ 菅 三品 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 196 白雲山に登る 太宰春台
続天 197 母を憶う 網谷一才
続天 198 灞橋 竹添井井
続天 199 万里の長城 田辺碧堂
続天 200 初夢 本宮三香
続天 201 母を憶う 頼 山陽
続天202 八陣の図 杜甫 吟譜(PDF) 素読・範吟
鈴木精成
続天 203 初めて香山院に入って月に対す 白 居易
続天 204 白鷺 白 居易
続天 205 梅花 王 安石
続天 206 晩春 戴 復古
続天 207 彦山 広瀬淡窓
続天208 独り敬亭山に坐す 李白 吟譜(PDF)
鈴木精成
続天 209 舟八島を過ぐ 正岡子規
続天 210 武関に宿る 李 渉
続天 211 壁に題す 寂室元光
続天 212 汴河の曲 李 益
続天 213 芳山懐古 鱸 松塘
続天 214 某楼に飲す 伊藤博文
続天 215 望郷の詩 晁 衡
続天 216 牡丹を賞す 劉 禹錫
続天 217 暮立 白 居易
続天 218 暮江吟 白 居易
続天 219 松前城下の作 長尾秋水
続天 220 松山城 小原六六庵
続天 221 毬藻に題す 稲本素風
続天 222 宮崎東明
続天223 復愁う 杜甫 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 224 自ら遣る 李 白
続天 225 無題 阿倍仲麻呂
続天 226 孟母三遷 松口月城
続天 227 桃太郎 松口月城
続天 228 孟城坳 裴 廸
続天 229 問梅閣 高 啓
続天230 夜雨 良寛 吟譜(PDF)

伴奏 2本

伴奏 6本
素読・範吟
鈴木精成
続天 231 耶馬渓 久保天隨
続天 232 屋島懐古 磯部草丘
続天 233 夜雪
続天 234 夜直 王 安石
続天 235 芳野懐古 正墻適処
続天 236 横山岳精先生藍綬褒章受章を祝す 武田静山
続天 237 楊柳枝詞 劉 禹錫
続天 238 夜子規を聞く 王 建
続天 239 酔うて祝融峰を下る 朱 熹
続天 240 夜天地に宿し月下に雷を聞く次いで早に大雨を知る 王守仁
続天 241 嵐山に遊ぶ 頼 山陽
続天242 落花 徳富蘇峰 吟譜(PDF)
磯田精信
続天 243 洛陽にて袁拾遺を訪うて遇わず 孟 浩然
続天 244 楽遊原 李 商隠
続天 245 立秋の雨 徳川光圀
続天 246 涼を尋ねて山寺に到る 正岡子規
続天 247 竜虎 大野恵造
続天 248 梁六を送る 張 説
続天 249 涼州歌第二畳 張 子容
続天 250 李侍郎の常州に赴くを送る 賈 至
続天 251 柳州の二月 柳 宗元
続天 252 呂卿を送る 高 啓